旅行

海外保険で九死に一生を得る2

前回の続き

7月某日

日本→シンガポールに向かう筆者。

そして来て間もないその日の夜、ホテルのある真っ暗な梯子を上ってる最中に足を滑らせて、

ドン!!!!

 

(゜ロ゜)!?

 

普通に着地したものの右ひざから。。

ピキッ!!

ん?なんか膝から凄い音がしたぞ。。?(゚ω゚)

次第に膝から激痛が来る。。

 

アレ、コレヤバインジャナイ。。????

ア、デモチョットイタイケドアルケルゾ。。( ゚Д゚)

ま、いっか、いけるべ、問題ないだろ( ゚∀゚)アヒャヒャヒャヒャヒャ

っと痛くなりつつも次の日には某M国行きのフライトに乗らなければならなかったので、

そのまま無視して就寝。

 

そして次の日もそのまま痛くなりつつも空港でフラフラ。

あれ、なんか足引きずりながら歩かないと激痛走るぞ。。?

ま、いっか、いけるやろ、( ゚∀゚)アヒャヒャヒャヒャヒャ

 

そしてそのまま搭乗し、某M国到着。

その後タクシー乗ったころから激痛が走り、足が完全に曲げられなくなる。。笑

タクシーで目的地着いても携帯のGPSエラーでとてつもない大雨(その後日本に帰国後ニュースで、川などが氾濫し大災害が発生したそうです)

の中でひたすら1時間歩かされる。

 

そしてホテル到着。

その時には脚が。。。

エ、コレマズイッテ、動かねーよ…..(((°°;)

 

さすがに日本にいる家族とも相談し、某M国の病院の医療水準が低い、保険対象外、医療水準が高い近隣諸国まで脱出すべきとの結論に至り、次の日に空港まで必死に引きずりながら向かう。

 

ちなみにですが、海外に行く場合はどんな状況であっても連絡手段がつく海外携帯やパソコンなどを持っていくべきです。

いざというときそれらがないと終了します。本当に。

 

何とか周りの人に助けてもらいながらも、某M国のY空港に到着。

明らかに歩けない姿を空港職員も気付いたのか、すぐ車いすを用意して、チェックインカウンターまで連れてってくれた。

 

チェックインで色々ごちゃごちゃと話す空港職員。

内心早くしろよーと車いすに乗ったまま思いつつ、

次の瞬間その職員が。。

 

”残念ながらお客様は搭乗できません”

 

。。。。

 

・・ (゚Д゚)ハァ?

 

続く。

 

 

         

関連記事

  1. 中国旅行~雲南省~
  2. 金ピカのお寺で商売繁盛のお祈りをしよう!
  3. 租界時代の欧風建築が夜はライトアップ。上海の歴史を感じるには外灘…
  4. 憧れのあの人に会える!?
  5. 海外保険で九死に一生を得る4
  6. まるでタイムスリップ!オールド上海を感じよう!
  7. 海外駐在者向けおすすめ その1
  8. 雲南省旅行紀6

新着記事

  1. 上海の学習塾・予備校!帰国後の受験に備えるオススメ塾一覧
  2. ヴィクトリアズ・シークレット上海|VICTORIA’S SECRET Shanghai
  3. 聯洋広場(浦東新区 / LAYA PLAZA)

おすすめ記事

人民元100元札の新札が登場!

10年ぶりに人民元が新しくなり、2015年版100元札が11月12日から発行されました。もう手にして…

インタビュー記事一覧

ライフスタイル記事一覧

グルメ記事一覧

スクール・カルチャー記事一覧

リビング記事一覧

クリニック・ヘルス記事一覧

トラベル記事一覧

イベント記事一覧

PAGE TOP