イベント

あいふぉん6の値段と比較

日本でのお正月セールに行きたいけれども、お正月中はずっと中国にとどまらざるを得ない筆者です。
物欲は日に日に増えますがお金は全く増えず、
日々毎食5元のワンタンで過ごしております(笑)

さて、そんな物欲にとらわれつつふとappleのサイトをジッと見ていますが。。

….(・・;)

高い….。

中国でもiphone6は大人気で、
日本でも話題になった日本のappleストアでの中国人ダフ屋による転売で問題にもなりました。

現在は日本でのSIMフリー機の販売は停止中となっていますが、円安の影響でダフ屋などが買い占めて、
供給が足りなくなったとかという噂も出ています。

上海の町中や地下鉄の中でも大きな画面のiphone6を片手にゲームやネットを楽しんでいる姿がとても多くみられます。

しかし、iphoneの値段が国によって異なります(為替なども含め)。
中国は世界中から見ても、価格が高いため、多くの方が香港等の価格が中国よりも安い香港版を買いに行きます。

ではその中国版と香港版と比べるとどれくらい高いのか調べてみました。

まずは上海。

IMG_3758

た、高いですね。。

iphone 6 plus
16GB 約116.585円
64GB 約131.905円
128GB 約149.140円

iphone 6
16GB 約101.265円
64GB 約116.585円
128GB 約131.905円
※1元=19.15円計算(2015年1月6日より)

一番安いiphone6でも日本円で10万は超えてしまう計算になります。

一方の香港版ですと

IMG_3757

iphone 6 plus
16GB 約98.055円
64GB 約110.335円
128GB 約124.150円

iphone 6
16GB 約85.775円
64GB 約98.055円
128GB 約110.355円
※1香港ドル=15.35円計算(2015年1月6日より)

大よそどの機種も1万円後半から2万円ほど中国版よりも安いです。

残念ながら日本版は販売停止中のため、調べることができませんでしたが、
香港版よりもさらに数千から数万円安い金額となっています。

また、香港版も現在はあらかじめ予約が必要となっていて、たとえ香港に買いに行ったとしても、
当日には買うことができません。

中国版は上海の主なアップルストアでも購入できます。
在庫もお店によってはそろっています。

いかがでしたでしょうか?
比べてみるとどうしても中国版が高くなってしまいます。

同じsimフリー機ですので便利ではありますが、お勧めはできません。

是非simフリー版を検討されている方は参考にしてみてください。

         

関連記事

  1. イヴ・サンローラン 写真展
  2. 上海市内で爆竹禁止!
  3. 上海ディズニーランドが2016年6月16日いよいよ開園!
  4. 日本と中国のスタバの比較と違い
  5. 日清ラ王のラベルが・・・!?
  6. 2015年上海マラソン前日と当日
  7. 日本と中国のスタバの比較と違い その2
  8. ヴィクトリアズ・シークレット上海|VICTORIA’…

新着記事

  1. 上海の学習塾・予備校!帰国後の受験に備えるオススメ塾一覧
  2. ヴィクトリアズ・シークレット上海|VICTORIA’S SECRET Shanghai
  3. 聯洋広場(浦東新区 / LAYA PLAZA)

おすすめ記事

人民元100元札の新札が登場!

10年ぶりに人民元が新しくなり、2015年版100元札が11月12日から発行されました。もう手にして…

インタビュー記事一覧

ライフスタイル記事一覧

グルメ記事一覧

スクール・カルチャー記事一覧

リビング記事一覧

クリニック・ヘルス記事一覧

トラベル記事一覧

イベント記事一覧

PAGE TOP