リビング

空気汚染に警戒!!

今年は夏の間から秋にかけて汚染状態が珍しく低く、

今まで汚染状態が良好でも見ることができなかった夕焼け空が見えるくらい奇跡的な日が連日続いていました。

数年滞在して以来、初めて見る夕焼け空で結構感動していました…

 

が、最近11月頃から再び汚染指数がひどくなり始め、

今日偶々ネットで天気を調べてみると..

IMG_8236

この真ん中あたりに赤文字で書いてある場所に注目です。

汚染指数がいつの間に230を超えています。

IMG_8233

上海の都市の中でも地域によっては250を超えています。

 

一般的に空気汚染の目安ですが、

0~50 優 通常の活動が可能。

51~100 良 特に敏感な者は、長時間又は激しい屋外活動の減少を検討。

101~150 軽微汚染 心臓・肺疾患患者、高齢者及び子供は長時間又は激しい屋外活動を減少。

151~200 軽度汚染 心臓・肺疾患患者、高齢者及び子供は長時間又は激しい屋外活動を中止 他の全ての方々は、長時間又は激しい屋外活動を減少

201~250 中度汚染 心臓・肺疾患患者、高齢者及び子供はすべての屋外活動を中止 他の全ての方々は、長時間又は激しい屋外活動を中止

300以上 重度汚染 心臓・肺疾患患者、高齢者及び子供は屋内に留まり、体力消耗を避ける 他の全ての方々は、屋外活動を中止

 

今すでに中度汚染まで来ているということです..苦笑

 

ちなみに日本各都市の指数はあまり知られていませんが、東京、大阪、名古屋、福岡などでも意外と70~100ほどあります。

そして工業団地等は比較的高いです。場合によっては150超える場所も存在します。兵庫県明石市、広島や岡山などの石油関連工業施設などは比較的汚染指数が高く150を超えます。

逆に日本では汚染指数が低い場所は北陸地方と関東都市圏から北の栃木などの内陸、東北地方、北海道です。北に行けばいくほど汚染指数が低く、多くの地域が50以下です。また沖縄などの離島も同じく50以下です。

指数は意外に高くても、空気の質や島国など他とは違う特殊な環境も含まれているため、実際都心でもそこまで空気が悪いとは実感しないと思います。

 

対して中国は陸続きなのと、内陸部に劣悪な工業団地等が多くその汚染された空気が風に乗り東へと進みます。

そのためその風の通り道である北京などの北側の都市が汚染されやすいのです。

そして、その北京の現在の汚染指数は..

IMG_8232

なんと上海の倍の500!!

重度汚染をとっくに通り越してもはや危険レベルまで汚染が悪化しています。

 

空気汚染が一定数値を大幅に超えた場合は警報が出ます。

出来る限り外出を避けたほうが良いと思います。

 

         

関連記事

  1. 上海の医療のことならまずはグリーンクリニックに相談!
  2. 日本でおなじみの100円ショップついに上海上陸!
  3. 全米売上げNo.1の家具メーカーがアシュレイ
  4. ホッとルーム【取材特集!】上海スタイル
  5. 海外保険で九死に一生を得る まとめ

新着記事

  1. 上海の学習塾・予備校!帰国後の受験に備えるオススメ塾一覧
  2. ヴィクトリアズ・シークレット上海|VICTORIA’S SECRET Shanghai
  3. 聯洋広場(浦東新区 / LAYA PLAZA)

おすすめ記事

人民元100元札の新札が登場!

10年ぶりに人民元が新しくなり、2015年版100元札が11月12日から発行されました。もう手にして…

インタビュー記事一覧

ライフスタイル記事一覧

グルメ記事一覧

  1. WK HAWAII CAFE

スクール・カルチャー記事一覧

リビング記事一覧

クリニック・ヘルス記事一覧

トラベル記事一覧

イベント記事一覧

PAGE TOP