ライフスタイル

Xiaomi 新たな旗艦スマホ発売

T1L1E_B_Cv1RXrhCrK!960x540

中華スマホメーカー筆頭のXiaomiから、新たなフラグシップを担う新製品が発売される。

 

T13l__BThv1RXrhCrK!960x540

 

現在公式サイトから予約が可能で、価格は1999元(約3万5千円)からとなる。
また、海外でも順次発売していくとしている。

 

Xiaomiは2010年にスマートフォンメーカーとして起こされ、その後浄水器や空気清浄機などを出し、幅を利かせた事業展開により総合家電メーカーの座を狙う会社である。
翌年2011年、コストパフォーマンスを武器にスマートフォン「Mi-One」を発売。機種を絞り大量生産を見込むことにより価格を抑え、ソーシャルメディアの力も合わさり急速に成長。当初は中国市場のみの販売でありながら、創業から5年足らずで巨大メーカーとなった。

Miシリーズは創業当初から存在するもので、今回は「5」の冠を被る。中国国内ではとても大きな人気を獲得しており、Xiaomiが中国国内スマホシェア1位と維持する為の主役を担っている。

「Mi 5」は、Android 6.0ベースのMIUI7を搭載しており、最先端の性能、高性能カメラ、本体デザイン、各種利便性等を損なう事なく、販売価格の低さを両立させたスマートフォンである。

 
 

ディスプレイは前世代と比較して0.15インチ大きくなり、ディスプレイサイズが5.15インチになった。同時に筐体ベゼルを小さくし、肥大化を抑さえ込み、スマホ全体のサイズを、5インチディスプレイを搭載する他のスマホと同等にしている。 少し中途半端な数字だが、 この5.15インチという数字はその限界の値なのだろう。解像度は1920×1080ドットの液晶となる。

 T1WLL_BmKv1RXrhCrK!960x540
 
 

チップセット(CPU)はクアルコムの「Snapdragon 820」で、1.8GHz、もしくは2.15GHzのクアッドコア。RAMは3GB、もしくは4GB。ストレージは32GB,64GB,128GBから選べる。
Xiaomiは「きっとMi 5は、世界で一番早く購入可能なSnapdragon 820搭載機であろう」と公式に言っている。筆者としてもその通りだと思っている。

 
 

バッテリー容量は3000mAhで、Quick Chage 3.0による急速充電に対応している。10分間の充電で2.6時間のビデオ視聴、4.4時間のチャット、7.5時間の読書ができ、30分で83%充電できるという。

重さを129gに抑え、iPhone 6sとの比較で、mi 5の方が画面サイズが大きいにも関わらず、14g軽くなっている。
縦×横の大きさが144.55mm×69.20mm、厚さが7.25mm。 カラーリングは白、黒、金色の三色のラインナップ。

T1lBb_BTZv1RXrhCrK!960x540 
 

カメラ部は、イメージセンサーに16MPの、SONY製「IMX298」を採用。レンズはサファイアガラスを採用し、6枚のレンズからなるf/2.0の単焦点レンズ。デュアルLEDフラッシュ、4軸光学手ブレ補正を装備。また位相差オートフォーカスに対応。
そして4K動画を30fpsで録画する性能を有する。

 
 

通信方式はLTE、HSPA、GSMをサポート。無線LANはa/b/g/n/acのデュアルバンドに対応。Bluetooth v4.2、A2DP、LEに対応。
USBコネクターは両面向きに関わらず挿せるType-Cに対応。そして指紋認証機能を有する。

 T1uqC_BmYv1RXrhCrK!960x540
 
 

価格は、CPU部が1.8GHz、RAM3GB、ストレージ 128GBの標準モデルが1999元。同2.15GHz/3GB/64GBのハイモデルが2299元。同2.15GHz/4GB/128GBのプレミアムモデルが2699元。日本円に換算すると、順に、約35,000円、約40,000円、約47,000円となる。

 

         

関連記事

  1. ドコが違うの上海!?
  2. 上海若者の定番デートスポット!!
  3. 长泰国际广场
  4. カップラーメンランキング
  5. 中国電信の電波方式の紹介
  6. 値引き交渉の難しさ
  7. 上海で空襲警報が鳴ります。
  8. iPhone6およびiPhone6 plusは中国で使えるか。

新着記事

  1. 上海の学習塾・予備校!帰国後の受験に備えるオススメ塾一覧
  2. ヴィクトリアズ・シークレット上海|VICTORIA’S SECRET Shanghai
  3. 聯洋広場(浦東新区 / LAYA PLAZA)

おすすめ記事

人民元100元札の新札が登場!

10年ぶりに人民元が新しくなり、2015年版100元札が11月12日から発行されました。もう手にして…

インタビュー記事一覧

ライフスタイル記事一覧

グルメ記事一覧

スクール・カルチャー記事一覧

リビング記事一覧

クリニック・ヘルス記事一覧

トラベル記事一覧

イベント記事一覧

PAGE TOP